PageTopButton

オスプレイ墜落事故「無関係な人は誰もいない」 陸上自衛隊は飛行訓練を中止 佐賀で進むオスプレイ配備に影響は

ニュース政治・行政

鹿児島県の屋久島沖で29日、アメリカ軍のオスプレイが墜落しました。佐賀空港ではオスプレイの配備に向けて、陸上自衛隊駐屯地の建設工事が進められていますが、県民からは不安の声が上がっています。

目撃者「左のエンジンが火を噴いて爆発した」

 

第十管区海上保安本部などによりますと、29日午後、アメリカ軍横田基地所属のオスプレイが屋久島沖で墜落しました。

 


目撃者
「左のエンジンが火を噴いて爆発して、プロペラが沖の方に飛んでいった。その直後に墜落した」

8人が乗っていたオスプレイ 捜索続く

 

オスプレイには8人が乗っていて現場付近の海域では30日も捜索が行われています。

陸上自衛隊は目達原駐屯地での飛行訓練を中止

 

RKB 原口佳歩記者
「目達原駐屯地では墜落事故を受けて予定されていた飛行訓練が中止となりました」

佐賀県吉野ヶ里町の陸上自衛隊目達原駐屯地では、12月3日の創立記念行事でオスプレイのデモフライトを行うため、29日から飛行訓練を実施していました。しかし、今回の墜落事故を受けて急遽、30日に予定していた飛行訓練と12月3日のデモフライトを中止しました。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

ニュース

もっと見る