立川生志 金サイト

金曜 6:30
番組SNS
  • Radiko
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
今井美樹のヒット曲~作詞・上田知華&作曲・岩里祐穂コンビの魅力

今井美樹のヒット曲~作詞・上田知華&作曲・岩里祐穂コンビの魅力

シンガー・ソングライターで、作曲家としても多くの楽曲を提供してきた上田知華さんが、去年亡くなっていたことが、先月報じられた。64歳だった。今井美樹が歌った2曲は、彼女が遺した歌の中でも特にヒットした。かつて作詞家志望だった、元サンデー毎日編集長・潟永秀一郎さんが、RKBラジオ『立川生志 金サイト』の中で歌詞を読み解いた。

 

自身の歌とピアノに、弦楽四重奏団を組み合わせたバンド、「上田知華+KARYOBIN」で1978年にデビューした上田さん。CMソングにもなった「パープルモンスーン」など多くのヒット曲を残しています。昨年9月にがんで亡くなっていたことが、今年4月になって公表されたんです。64歳でした。彼女が遺した歌の中で最もヒットし、私も大好きな2曲を紹介します。

“かけがえのない想い”が伝わる「瞳がほほえむから」

「瞳がほほえむから」の作詞は岩里祐穂さん。岩里さんもシンガー・ソングライターでしたが、今井美樹さんと出会ってから、作詞に専念したと言われています。

 

テレビのCMに出ていた今井さんを見て、彼女に歌ってほしいと、上田さんと曲を作ってレコード会社に持ち込んだのが始まりだったそうです。今井さんは、それまでのアイドルになかった、自分の意志や価値観がしっかりしている印象、繊細だけど凛とした「唯一無二の存在」だと思ったそうです。

 

その岩里さんと上田さんのコンビの代表曲の一つが、テレビドラマの主題歌にもなった、この歌。もう歌い出しで「胸キュン」です。

ねえ この世に生まれて

最初の朝に何が見えたの?

今 その輝きで

あなただけを見つめている

実はこの歌のどこにも「好き」とか「愛している」とか直截的な言葉はないんですが、この冒頭の歌詞ほど、相手を「かけがえなく思っている」ことが伝わる表現を、私は知りません。好きな人にこんなこと言われたら、きっと誰でも泣くと思います。

 

歌詞とメロディ、そして今井美樹さんの声――私、女性ボーカリストの「二大癒し系」の声は今井さんと、元ハイファイセットの山本潤子さんだと思っていて、お二人の歌は帰宅の満員電車の中とかで、よくイヤホンで聞きます。

 

そして、続く歌詞は

一面に咲いた菜の花の色

ほら拍手のように揺れてる

「拍手のように揺れる」って比喩、よく浮かんだなあと思いますし、見慣れた風景が、花にも祝福されているように、違って見えますよね。言葉のマジックです。

 

そしてまた、最後の歌詞が泣かせます。

うれしい あなただけが

私だけをさがしていた

見つめて ふたつの瞳に 言葉はいらないの

ほら 瞳に映る

あなたが今ほほえむから…

実は歌詞で「うれしい」という感情表現はあまり使いません。でも、出会えたこと、愛してくれたことを素直に「うれしい」と言える真っすぐさが「瞳」に浮かぶから、この歌に、ただのラブソングではない「意志」が生まれるんですね。

凛とした女性像を結ぶメッセージソング「PIECE OF MY WISH」

もう1曲。岩里さん、上田さんコンビ最大のヒット曲「PIECE OF MY WISH」です。2番の歌詞に「希望のかけらを 手のひらにあつめて」とあるので、タイトルは「希望のかけら」と訳すべきなのでしょう。希望は一般的に「hope」ですが、「wish」のほうがより困難な希望、祈りにも似た「願い」です。

 

さて、実はこの歌詞、岩里さんが妊娠中に、ずいぶん悩みながら書いた詩で、主題歌になったドラマ初回の翌日が出産だったそうです。だから「母性がにじみ出ているかもしれない」と、ネットのカルチャーサイト「リアルサウンド」のインタビューに語っています。この歌に慰められたり、励まされた方がどれだけいるでしょう。特に女性は、お母さんに髪をなでられながら、語り掛けられているような思いじゃないでしょうか。

どうしてもっと自分に

素直に 生きれないの

そんな思い 問いかけながら

あきらめないで すべてが崩れそうになっても

信じていて あなたのことを

この歌は繰り返し「自分を信じて」と呼びかけるんですが、でも「凄い!」と思うのは次の歌詞、

愛する人や友達が

勇気づけてくれるよ

そんな言葉 抱きしめながら

だけど最後の答えは

一人で見つけるのね

と、突き放すんです。「めぐり 続く 明日のために」と続いて、自分の人生なんだから、時には人に甘えても、最後は自分で決めなさい――と。この歌詞があるから、この歌はただの慰めで終わらない、凛とした女性像を結ぶメッセージソングになるんです。

 

そして最後の歌詞はまた

いつかすべてが

崩れそうになっても

信じていて あなたのことを

と呼びかけ、最後のワンフレーズだけ「信じていて」ではなく、「信じていて『ほしい』」と、優しく願って余韻を残します。

 

言葉とメロディ、今井さんの声が相まって、「崇高」とさえ言える励まし、心に寄り添う歌が生まれました。

 

上田さんのご冥福を、心からお祈りします。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

2022.07.01
  • 暮らし
  • ラジオ
番組
SNS
  • Radiko
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE