タダイマ!

月~金曜 15:40
番組SNS
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • TikTok
福岡県民が大好きな福岡三大祭り

福岡県民が大好きな福岡三大祭り

福岡市では、3年ぶりに「博多どんたく」「博多祇園山笠」、北九州市の「わっしょい百万夏まつり」も開催されます。そこで今回は、皆さんのだーい好きな福岡のお祭りについて調査します!!

福岡県民に聞き込み調査!

アメリカ人の父とイタリア人の母。台湾生まれ、群馬育ちのタレント、ジョナサン・シガー。
今回タダイマ初登場で、あなたの好きな福岡三大祭りを聞き込み調査します!

福岡の三大祭りと言えば…!ということでインタビューを開始したところ北九州(小倉)では、圧倒的に「わしょい百万夏祭り」という声が多かったよう。わっしょい百万夏まつりは、市政25周年を機に、北九州市に合併された5つの町の市民の心を1つに合わせる目的で始まりました!(今年は、現在検討中)。しかし、わっしょいにカップルで行くと破局する⁉というジンクスがあるそうで…?インタビューをした方も別れてしまったようです。。。(悲)

山口県民の方は「関門海峡花火大会」が夏の一大イベント!下関市と門司区の街づくり団体が合同で毎年8月13日に行う大規模な花火大会。約1万5000発の花火が関門橋に打ちあがります。(今年開催予定)。

しかしながら、インタビューを進めていくと・・・意外なことが発覚!北九州市のみなさんは「博多どんたく」と「博多祇園山笠」の違いが分からない????という人が多いという結果に!

そこで今度は福岡市内にて街頭インタビューを行うことに。博多の街では、「博多祇園山笠」「博多どんたく港まつり」「筥崎放生会」という王道の声が多数。

博多の総鎮守として知られる櫛田神社の奉納行事として780年以上続く「博多祇園山笠」。熱気に満ちた勇壮なお祭りは圧巻です。(今年は開催予定)。

また、オランダ語の「ゾンターク=休日」という言葉が由来の「博多どんたく港まつり」。毎年ゴールデンウィークの5月3日、4日に開催。その人ではなんと200万人!
しゃもじは欠かせないアイテムです。(今年開催予定/演舞台行事は一部縮小)。

そして毎年秋に開催される筥崎宮の「放生会大祭」。1000年以上続く神事で多くの参拝者でにぎわいます。また数百件の露店が並ぶ光景は放生会の風物詩です。

しかし!!!!あろうことか、福岡市に住んでいる多くの若者たちも、「どんたく」と「山笠」に違いが分からないという衝撃事実が発覚!!!

今さら聞けない「博多どんたく港まつり」とは⁉

そこで!3年ぶりの開催で盛り上がっている博多どんたくの事務局へ。今さら聞けないどんたくの話をお伺いしました。起源は江戸時代の「博多松囃子」。福岡藩主を表敬訪問する小正月の行事だったと言います。「通りもん」と呼ばれる行列が福岡城へ新年のお祝いに赴いたもの。それぞれのお祝いの気持ちで参加するものなので衣装のルールや特別な決まりなどはありません。「どんたく」に名称変更されたのは明治時代以降なんだとか。

では、「しゃもじ」はなぜ使うのでしょうか?戦後、どんたくの囃子に合わせて、夕食支度中のおかみさんたちが手にもっていたしゃもじを叩いてオハヤシに加わったのがきっかけなんだそう。戦後のどんたくの復興の始まりを象徴するもので、今でも「しゃもじ」が欠かせないアイテムになっているのです。

そして博多どんたく最大のクライマックスはみんなで踊る「総踊り」。ジョナさんも師匠に習って挑戦です。誰でも参加できる簡単な振り付け。だからこそ全員でおどれる「総踊り」!福岡の代表的なお祭りの1つである「博多どんたく港まつり」。これからも代々繋げていけるように福岡県民として受け継いでいきたいですね。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

2022.05.19
  • 暮らし
  • テレビ
番組
SNS
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • TikTok