中島理恵のさわやか信州リポート

土曜 9:18
安曇野の田園風景をカートで走る!

安曇野の田園風景をカートで走る!

安曇野の田園風景の中をカートで走れる、本格的なレンタルカートのサーキットコースがあるのです。
それが「あづみのF-1パーク」。
カートのエンジンは120cc~210cc。原付バイク+αくらいのパワーでしょうか。
本気カートなので、フルフェイスのヘルメットとグローブが用意されてます。

コースは全長415m。
とはいえ、最大直線は100mありますし、ヘアピンカーブ含めて14のカーブが配されています。
幅員は6~8mで、追い越しの駆け引きだってあり。
私達のケアをしてくださった、あづみのF-1パークの小林裕也さん曰く「我々のコースはテクニカルというのがウリです。グニャグニャしたテクニカルコースで、初めての人でも慣れてる人でも楽しんでもらえると自負してます」と。
このコースを一回あたり7分間走行できるのです。

大人用カートは最大で時速50kmは出るそうです。RKBラジオVS安曇野市役所VS安曇野観光協会のレディース対決!

エンジンがかかるとテンション爆上がりです。
ペーパードライバーの私ですが、気持ちは音速の貴公子(古っ)。
アクセルを爆踏みし、緩め、ライン取りに真剣になり…めちゃめちゃ集中!

走行が終わると、ラップタイムのリザルトがもらえます。電光掲示板にも周回ごとに表示されてました。
7分間で5周できた中島。
1周目が1分2秒978だったのが、58秒110まで縮まって、なんだかすごく嬉しい。
走って気持ちよし!空気はおいしい!山はきれい!チャレンジする前は「なんでわざわざ安曇野でカート?」とか思ってたけど、これはいいです!
田園に囲まれたサーキットコースだからこそのゆったりした空気と、コースの背景に連なる北アルプスの峰々が最高です。
小林さんは「安曇野の観光って静かな感じがよくて、美術館に行くとか自然をゆっくり楽しむとかが要素として大きいんです。でも、その中にアクティビティとして、車が好きな方にも自然を感じながら、スポーツとしてカートに乗っていただけるっていう、そういうところを推していきたいです」とおっしゃってました。
また子供を含め家族みんなで楽しめるというコンセプトで運営してらしゃるとのこと。
私の前にさっそうとカートを乗りこなしていた小学生がかっこよかったなあ。

□ あづみのF-1パーク →
http://www.f-1park.com/
□ 安曇野市観光協会 →
https://azumino-e-tabi.net/
□ 長野県公式観光サイト →
https://www.go-nagano.net/
□ 信州まつもと空港地元利用 →
https://www.matsumoto-trip.com/airport-arrival/

火曜ドラマ『君の花になる』
10月18日(火)よる10時スタート

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

2022.08.20
  • 暮らし
  • ラジオ

番組SNS

  • Radiko
番組
SNS
  • Radiko