田畑竜介Grooooow Up

月~木曜 6:30
木村匡也が語ったナレーターの原点は「よかトピア」と『電波少年』

木村匡也が語ったナレーターの原点は「よかトピア」と『電波少年』

福岡県はミュージシャンや俳優、お笑い芸人など、芸能界で活躍している人々を数多く輩出している都道府県のひとつ。RKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』では、6月13日~16日の特集企画「福岡県人会」で、4人の福岡出身芸能人の知られざるエピソードをお送りする。

 

初日13日に登場したのは、バラエティや情報番組のナレーターとして活躍中の木村匡也さん。インタビューを終えた番組パーソナリティのRKB・田畑竜介アナウンサーがやり取りを振り返った。

 

「まるで音楽」声でテレビ番組のシーンがよみがえる

「めちゃめちゃイケてるッ!」この第一声でいきなりハートを鷲掴みされました。『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ)や『電波少年』シリーズ(日本テレビ)のナレーションでその名を轟かせた福岡県出身のナレーター・木村匡也さん。今も『がっちりマンデー!!』(TBS)『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ)など、彼の声を聴かない日が無いというくらいの活躍ぶり。

 

インタビュー中に、これまでに担当したナレーションの一節を披露すると、その番組や、その番組を見ていた当時がパッと思い出されます。まさに音楽みたい。思わずテンションが上がりました。

声の仕事の原点は福岡の博覧会「よかトピア」

そんな木村さんにナレーターになるきっかけを伺うと、出てきたワードが「よかトピア」です。懐かしいですね。現在、RKB放送会館がある福岡市早良区百道浜一帯で1989(平成元)年に行われた、アジア太平洋博覧会のことです。留学したかった木村さんは、その「よかトピア」にできたイベントFM局で、高校卒業後から留学する年の9月までの間、アルバイトで働くことにしました。

 

ちょうどその時、東京のFM局がDJコンテストを行うことを知り、イベントFM局のスタジオ機材を使ってオーディションテープを作って送ることに。すると、予選を通過して、本選に参加したら「なんと優勝しちゃった!」と話す木村さん。そこでプレゼントされた番組でDJを務めることになり、その声を聴いた『電波少年』スタッフからの依頼で、ナレーターへの道へ繋がったそうです。

 

まさか原点に「よかトピア」が関係していたとは。意外なエピソードが聴けました!博多弁を交えてエピソードを話してくれた木村さんを、より身近な方に感じることができるインタビューとなりました。

あす14日は原口あきまさが登場

14日以降もバラエティに富んだ福岡県出身者が登場する。火曜日は明石家さんまや石橋貴明のものまねでブレイクした原口あきまささん。水曜日はドラマや舞台で活躍中、かつてRKBラジオでもレギュラー番組を持っていた俳優・山崎銀之丞さん。木曜日は久留米出身のお笑い芸人・おいでやすこがのこがけんさんがそれぞれ出演予定だ。

日曜劇場『オールドルーキー』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

番組SNS

  • Radiko
  • Twitter
  • Instagram
番組
SNS
  • Radiko
  • Twitter
  • Instagram