新 窓をあけて九州

日曜 10:00
ホスピスのシスター

ホスピスのシスター

長崎市の聖フランシスコ病院にあるホスピス病棟。
そこで、患者さんとご家族は人生最期の大切な時間を過ごします。
残された時間を過ごす病棟なのに、不思議なくらい悲壮感がありません・・・。
それは身体の痛みを医師が癒し、快適な環境を看護師が整えてくれるからなのですが、もうひとつ、心の不安をシスター・ヒロ子(70)が取り除いてくれるからです。
余命3か月を告げられた、90歳の西田さんは、いつもニコニコ。シスターと出会えて本当に幸せ、まるで親にもう一度会ったようだと語ります。シスター・ヒロ子は花のように明るくて、とってもせっかちで早口で、そしてちょっぴりおっちょこちょい。シスター然とした人を想像していると、ちょっと肩すかし。シスターが病室に入ると、空気がふわりと軽くなり、ユーモアあふれるシスターの言葉に誰もがくすりと笑ってしまいます・・・。愛と祈りで患者さんとご家族に寄り添う、素敵なシスターの物語。ヒロ子さんを通して、いとしい時間の過ごし方を考えてみませんか。シスターがつむぎだす言葉のひとことひとことは、これから生きていく者にも大切なヒントを与えてくれます。
(製作:NBC長崎放送 / 宮路 りか)

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

2022.07.31
  • ビジネス
  • テレビ
2022.07.10
  • ビジネス
  • テレビ
2022.07.03
  • ビジネス
  • テレビ

番組SNS

  • Facebook
番組
SNS
  • Facebook