田畑竜介Grooooow Up

月~木曜 6:30
松原みき「真夜中のドア~stay with me」と“同じ山”の曲があった!?

松原みき「真夜中のドア~stay with me」と“同じ山”の曲があった!?

1979年にリリースされた松原みきの「真夜中のドア~stay with me」は、世界的なシティポップブームに乗って、いまもヒットを繰り返している。音楽プロデューサー・松尾潔さんは、RKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』に出演し、もとは「同じ山を見て描いた絵」という4曲を紹介した。

 

松原みき19歳のデビュー曲

松原みきさんは2004年に44歳の若さで亡くなっているんですが、もしご存命であれば、今年11月26日で63歳。1959年生まれで、デビューは松田聖子さんと近くて、作家陣も重なっているということもあって、二人で共演した動画もいま、YouTubeで見ることができます。

 

彼女のデビューは1979年11月、20歳になる直前にリリースされたのが「真夜中のドア~stay with me」でした。「10代の女性がこれを歌っていたのか」と考えると相当な早熟ぶりが、わかりますよね。真夜中のドアを叩いて「帰らないで」と言っている女性は、冷静に考えると、ドアの内側から叩いています。男性が外にいて、外からじゃなくて中から「帰らないで」って叩いている。「扉開けて出て行けばいいじゃん」って思うけど、出られない事情があったってことですよね。

リリースから43年 名曲であることを証明

作詞は松田聖子さんの初期の作品を手がけていた三浦徳子さん。一方、作曲編曲を手がけたのは林哲司さんといって、今、再評価著しい日本のシティポップ界のキングの一人と言ってもいいかもしれません。この林哲司さんが手がけた作品の中には、例えば、竹内まりやさんの「September」とか、杏里さんの「悲しみがとまらない」があります。時代を作ったメロディー、音の担い手ですね。

 

この「真夜中のドア~stay with me」という43年前の曲が今、クラブシーンやFMラジオで耳にする機会が増えました。カバーも僕が知っているだけで30曲以上が出ているんですが、この曲ってずっと評価され続けてきたかっていうと、そうでもなくて、リリースされたときもオリコン最高28位。長い時間をかけて名曲であることが証明された、という曲なんです。

林哲司がアメリカ大陸の名峰をスケッチ

この奇跡的な名曲は、どうやってできたのか? ここから先は僕の、半分陰謀史観ということで聞いてください。

 

「真夜中のドア~stay with me」が出た1年前の1978年、Carole Bayer Sagerという人が「It’s The Falling In Love」という曲を出しています。Carole Bayer Sagerは、名作曲家Burt Bacharachと夫婦だったんですが、「愛のハーモニー」はその2人のコラボレーションです。この「It’s The Falling In Love」という“素敵な山”を、林哲司さんが見ながらスケッチしたんじゃないかな、って僕は思っています。

同じ頃、アメリカ本国ではあの大物も…

「It’s The Falling In Love」だけを聞いていると「なんとなく似ているかな」と思うかもしれませんが、この曲を翌年、ある大物アーティストがカバーするんです。マイケル・ジャクソンです。「スリラー」の一つ前のアルバム「オフ・ザ・ウォール」に収められた「It’s The Falling In Love」。「知る人ぞ知る」っていう感じだった曲を、マイケルがよりポップにカバーしました。

 

これ、1979年8月に出ていて、松原みきさんの「真夜中のドア~stay with me」は同年の11月。8月に出た曲を参照して、新曲を作るのは曲の制作進行上、おそらく無理なんです。おそらくですよ。1978年の夏に出たCarole Bayer Sagerの曲を聞いた林さんが、それを日本の歌謡フォーマットに落とし込むという作業をしているときに、本国アメリカでもマイケル・ジャクソンがストレートカバーして、まるで同じ山を見ながら、片やスケッチをする人、もう一方はそこに色を塗っていく人というのが、日米で存在してしまったような形です。

「ただ一つの山があるだけ」

さらにこれには続きがあって、その翌年1980年に杏里さんが「My Special Love Scene」という曲を出しました。これ、長らくアルバムに入っていなくて、「風のジェラシー」というシングルのカップリング、ドーナツ盤のB面だったんですね。この曲、「真夜中のドア」よりさらにCarole Bayer Sagerの曲に近いかなと思います。

 

時間を見つけてご紹介した4曲をずっと続けて聞き比べてもらうと「いろんな描きかたがあるが、一つの同じ山の絵」があることに気づくと思います。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

2023.02.08
  • 暮らし
  • ラジオ

番組SNS

  • Radiko
  • Twitter
  • Instagram
番組
SNS
  • Radiko
  • Twitter
  • Instagram