Toi toi toi

月~木曜 9:00
愛情表現の“適量”とは?女性タレントのリレートーク(4)

愛情表現の“適量”とは?女性タレントのリレートーク(4)

恋愛における「尽くす」について、RKBラジオのトーク番組『Toi toi toi』レギュラーの女性パーソナリティ4人(内村麻美・植村友紀・山口玲香・別府あゆみ)が今週、リレートークを展開。未婚か既婚かによっても意見が分かれそうなこのテーマに、テレビやラジオ、舞台などで活躍している彼女たちはどこまで本音を語るだろうか。

「全ては『ルールズ』に書いてある」木曜担当・別府あゆみ(30代・既婚)

別府あゆみ(以下、別府):私、何を隠そう、心理学科を卒業しておりまして、人間の心のことしか考えてこなかったんです。元々カウンセラーになりたかったんですよ。やっぱり人間って太古から同じことで悩んできた、これは全て本に書いてあるんです。

別府:手っ取り早い話「ルールズ―理想の男性と結婚するための35の法則」(エレン・ファイン、 シェリー・シュナイダー著)という本を読んでもらいたい。世界中で読まれていて、例えばSNSの出会いとかに合わせて内容もバージョンアップされています。全てはこの恋愛本に書かれているんです。

別府:相手との化学反応でいろんな自分が出てきて「尽くしたい」っていう人がいたり、逆に尽くされて戸惑っちゃうみたいな。それって相手によって変わるんですよ。「この人と付き合ってるときの自分好きだな」とか「何かこの人と一緒にいると意地悪な面、弄びたい自分が出ちゃう」とか、やっぱり人間同士の化学反応なので。

山口たかし(以下、たかし):ってことは、愛することと尽くすこととは別ベクトル?

別府:まったく違う世界の話です。愛っていろんなパターンがありますよね。ただ、何を目的に尽くすことや、愛することを考えてますか?例えば、彼氏が欲しいのか、結婚は考えているのかどうかとか。結婚する人を見つけようと思うと、考えなきゃいけないことが増えてくる。でも、それ全部「ルールズ」に書かれています。

結婚を考える相手が現れたらまず自己分析を

たかし:結婚ということになると、ただただ別に好きというわけにいかないってことですよね?

別府:結婚って、2人で同じ方向を向いていかなきゃいけない。相手の欠点も愛したいですよね。

たかし:別府さんは結婚するときに「この人は同じ方向を見られるな」って思ったってことですか?

別府:私の場合は、心理学を勉強してたということもあって、すごく自己分析をしました。そうしないと自分もわからないし、相手が相性の良い人かどうかわからない。

たかし:自己分析ってどうすればいいんでしょう?

別府:いいこと教えてあげましょう。まず過去お付き合いした方を思い浮かべましょう。そして、そのとき自分が何が心地よくて、何が嫌だったか。例えば、自分の親を紹介しやすくて嬉しかった、とか、逆にこの子には二人でいるときの方が嬉しかったとか。それを思いつく限り書いてください。書き出してみると、自分が大事にしていることがわかるんですよ。例えば山口さんはサウナやゴルフが好きとおっしゃってますが、女性とこれから人生を歩んでいくんだったら、サウナとゴルフが自分の人生で一番大事だと思っていたけれども、結婚するということは、その時間がなくなるわけですよね。それでも、自分は女性と過ごしたと…

たかし:やだ!やだやだやだ!

別府:だったら山口さんは一緒に楽しめる女性を選ぶ。それか、その時間は全く別の趣味に没頭して待ってくれる人がいいのかっていうところになっちゃうんですよ。自分の優先順位がそれに出てきます。変えられないから自分はね。

たかし:でもさすがに僕も60歳までには落ち着きます。

別府:いや、いいのよ、ずっと1人でいてくれていいから。

 

日曜劇場『アトムの童』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

番組SNS

  • Radiko
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
番組
SNS
  • Radiko
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE