田畑竜介Grooooow Up

月~木曜 6:30
ブルース・ウィリス引退は“米国の病理”音楽プロデューサー松尾潔が指摘

ブルース・ウィリス引退は“米国の病理”音楽プロデューサー松尾潔が指摘

『ダイ・ハード』シリーズで知られるハリウッドスターのブルース・ウィリスが先日、失語症のために俳優業を引退すると発表した。「その根底にはゴールデンラズベリー賞の“高齢者いじり体質”というアメリカの病理がある」と、RKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』に出演した音楽プロデューサーの松尾潔氏が指摘した。

引退のきっかけはゴールデンラズベリー賞

ハリウッドスターのブルース・ウィリスが、67歳という若さで俳優業を引退というニュースは、僕みたいな50代や60代のファンにはショックが大きいのではないでしょうか。しかも、引退の理由が失語症というのも大きな衝撃です。

 

いわゆる高次脳機能障害のことで、言語の機能っていうのは、脳にあるとされていますが、、読み書きとか、話をすることに著しい障害が出てしまうことがあって、それを失語症と呼んでいるわけです。

 

ブルース・ウィリスは日本のテレビCMでは今でも現役のスターなので、まさかこういう状況にあったとは、っていう驚きがあったと思います。『ダイ・ハード』の印象が長く続いてタフガイ、とにかく腕っぷしが強くて頼りになるみたいなイメージで、長らく人気を博してきた方なんですが、実はこういう病状が進行していたと。

 

なぜこのタイミングでの発表になったかというと、先月末のアカデミー賞発表前日に、毎年アメリカで開かれる「ゴールデンラズベリー賞」なんですね。アカデミー賞が“最高の映画”を選ぶのに対し、ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)っていうのは“最低の映画”を選ぶものです。

 

例えば、メリル・ストリープがアカデミー賞の常連であるように、ラジー賞の常連みたいな人もいて、要するに「オスカーには無縁だけど、有名な人」を思い浮かべていただければいいと思うんですが、娯楽作品に特化して出演しているような俳優たちが割とそこでいじられるんです。ブルース・ウィリスもまさにその1人で、今年のラジー賞で、ブルース・ウィリス部門っていうのができたぐらいなんです。つまり、不名誉極まりない。

アメリカのショウビズは光も強いが影も濃い

これが「アメリカのショウビズって光も強いけど、影もめちゃくちゃ濃いな」っていうところです。ブルース・ウィリスは去年だけで映画に8本出ているんです。それ1つ1つを「ラジー賞の表彰をします」ということをやったわけですよ。そうしたら授賞式から数日経って、ブルース・ウィリスと、元妻のデミ・ムーアとの間に生まれた、歌手で女優のルーマー・ウィリスが公式声明として「父はセリフがうまく言えない失語症なんです」という衝撃の告白をしたんです。「父は俳優を引退します」って言ったんですね。

 

これはラジー賞という悪ふざけをしていた人たちにとっては、冷たい水をぱっとかけられたようなものです。ラジー賞側は、普段は辛辣なことを言ったりやったりしている団体なんですけども、慌てて「すいませんでした。ブルース・ウィリス部門撤回します」と。

存在感を放ったスターの引退が意味するもの

緊張感の中で生まれる恍惚と落胆っていうのがあって、そのはざまで、たとえばアカデミー賞の授賞式のウィル・スミスとクリス・ロックの事件も起きました。あのとき、ウィル・スミスのお連れ合いであるジェイダ・ピンケット・スミスのことを、プレゼンターのクリス・ロックが、「『G.I.ジェーン2』ができるなら、ジェイダ決まりだ」なみたいなこと言いましたけど、その『G.I.ジェーン』に主演していたのが、まさにブルース・ウィリスのかつての奥様であったデミ・ムーアってことを考えると、結局はああいうところでも、いじられるデミ・ムーア、その夫だったブルース・ウィリスは、アカデミー賞の前日に、ラジー賞でいじられていたと。

 

改めて、逆説的にブルース・ウィリスとデミ・ムーアっていう、かつてのこのスター夫婦が、アメリカの大衆、とりわけ肩のこらない娯楽を好む人たちにどれだけ存在感があるかっていう話ですよね。その人たちが一つの時代の節目を、そして人生の節目を迎えているっていうのが、50代の1人であり、映画ファンの1人である僕としては、たまらんなあという感情を今抱いています。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

番組SNS

  • Radiko
  • Twitter
  • Instagram
番組
SNS
  • Radiko
  • Twitter
  • Instagram