中島理恵のさわやか信州リポート

土曜 9:18
3月は善光寺御開帳スペシャル!善光寺参道で楽しい体験1

3月は善光寺御開帳スペシャル!善光寺参道で楽しい体験1

数え年で7年に一度(丑年と未年)行われる、信州・善光寺の御開帳。
本来は2021年=令和3年に行われるはずでしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で一年延期。
今年の4月3日(土)から始まります。
さらに、密を避けるために通常より一ヶ月期間を長くして6月29日(水)まで行われます。

■善光寺・宿坊での体験を楽しもう
善光寺には39の宿坊があって、宿泊してご住職や案内人に朝のお勤め=お朝事に案内していただくのが幸せの基本。
さらにランチで精進料理をいただけたり、写経や座禅体験、さらにヨガや数珠作りの体験ができるところもあります。
今回は「白蓮坊」に併設されている万華鏡とトンボ玉のギャラリー「ギャルリ蓮」で『サンキャッチャー』を作りました。
サンキャチャーというのは、太陽の光をプリズムのように通して曲げるガラスで作られた、窓ぎわに吊るしたりするインテリア。
「ギャルリ蓮」では作家さん手作りのトンボ玉や天然石とガラスビーズを組み合わせて作ります。
コーディネーターの川口敬子さん曰く「窓辺に吊るすと、太陽の光が当たった時に家の中に虹の光がキラキラ…って入ってくるんです。
気持ちが最高にアップします。
日光が入ってこないお家でも人工的な光できれいに輝いてきれいなので、それも気持ちいいですよ」と。

■好きなものを直感で選んだら、それが自分のラッキーアイテム
まずは、メインのトンボ玉1個と天然石7個を選ぶところから始まります。
しかし、悩む。トンボ玉の種類もたくさんあるうえ、同じネコデザインでも手作りなので微妙に表情や仕上がり違いがあります。
また天然石も60種類!


川口さんがおっしゃるには「自分の好きなものを直感で選んでください。
正解なんてないんです。
みなさんが直感で選んだものは自然とその方に合うもの、ラッキーアイテムですから」とのこと。
また、一緒に体験していたプロデューサーの出来映えと自分のを比べていた私に「比べない、比べない(笑)」とも。そうですよねえ。
でも、何を使うか選んでるだけですごく楽しくなってきます。
「がんばらなくても集中しちゃうんですよね。これ、
瞑想と同じらしいですよ。集中すると他のことが考えられなるので」と、川口さん。
使う素材が決まったら、あとはテグス糸を通してできあがり!(老眼でも大丈夫)

■かなり素敵なサンキャッチャーができあがりました
私のサンキャッチャー(写真左)のテーマは「ちょっとりんご」。
かなりステキにできあがってて、自画自賛したくなる!ちょっとした作家気分ですよ。
なんだかめちゃめちゃ嬉しい。
これはリピーターが多いのもうなづけます。

川口さんが「昔は善光寺に来て、わーってお参りしてだーっと帰ってたけど、お参りして、サンキャッチャーやブレスレットをじっくり作って、『ほんとに善光寺に来てよかった』って帰れる…って、みなさんに言われるので、よかったなって思います」とおっしゃってました。
自分のために、もしくは誰かのために、気持ちを込めて何かを作ってお土産にするのって、すごく幸せです。
善光寺のお参りプラスαをぜひ楽しんでください。

 

□ ギャルリ蓮 → 
https://www.iikoto.net/
□ 善光寺 → 
https://www.zenkoji.jp/
□ 善光寺御開帳 → 
https://www.gokaicho.com/
□ ながの観光Net → 
https://nagano-cvb.or.jp/
□ 長野県公式観光サイト → 
https://www.go-nagano.net/
□ 信州まつもと空港地元利用 → 
https://www.matsumoto-trip.com/airport-arrival/

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

2022.08.20
  • 暮らし
  • ラジオ

番組SNS

  • Radiko
番組
SNS
  • Radiko