田畑竜介Grooooow Up

月~木曜 6:30
松尾潔「政治や経済が国の“大動脈”なら音楽は“毛細血管”」の意味

松尾潔「政治や経済が国の“大動脈”なら音楽は“毛細血管”」の意味

イギリスのエリザベス女王が逝去した。今年6月に催された女王即位70周年の祝賀コンサートを見た音楽プロデューサー・松尾潔さんは「イギリスという国の奥深さを感じた」という。RKBラジオ『田畑竜介 Groooow Up』に出演した松尾さんは「政治や経済が国の“大動脈”なら、音楽は“毛細血管”のように、大動脈が行き届かない細かいところにまで入っていくことができる」とも語った。

 

プラチナ・パーティーの幕開けは、QUEENの「We Will Rock You」

6月に催されたエリザベス女王即位70周年の祝賀コンサート。プラチナジュビリーっていうそうなんですけど、その中の一環として、バッキンガム宮殿でコンサートが行われて、正式な言い方で言うと「Platinum Party at the Palace」。そのコンサートはQUEENの「We Will Rock You」で始まりました。

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』以降、僕らにとってイギリスといえば、真っ先に挙がる曲になっているかもしれません。やっぱり本国でもそうなんだなあと思いました。まるで、サッカーの試合の始まりのように、QUEENの曲って、人が集うときに高揚感をどんどん高めていくのに、大変長けているなと思いました。

 

この「We Will Rock You」で始まり、「We Are The Champions」というおなじみの曲も演奏しました。もちろんフレディ・マーキュリーは亡くなっていますから、最近QUEENの世界ツアーで帯同しているアダム・ランバートがボーカルを務めて、その大役を果たしました。

エリザベス女王の祝賀会でアメリカのミュージシャンが演奏

このコンサートは、ポップス、ロックのみならず、ミュージカルのスターもたくさん出てきました。メインはQUEENをはじめ、クレイグ・デイヴィッドやロッド・スチュワート、デュラン・デュランとか、世界的に人気を博したイギリスの大スターたちなんですが、面白いなと思ったのは、意外にもアメリカのスターも結構出演しているんです。

 

これを日本に置き換えると想像しにくいと思います。例えばこの日。アメリカの曲であるNeil Diamond の「Sweet Caroline」をイギリスのロッド・スチュワートが歌いました。しかも彼は「これ、僕の歌じゃないからあんまり歌いたくないんだけどね」っていう皮肉めいたジョークまで言っている。これ、もし日本でたとえたら、皇居でジャニーズの人たちがBTSの曲を「僕らの曲じゃないんだけど」って言いながら、だけどみんなで楽しく歌っている、そんなイメージでしょうか。風通しいいよなあって思いますよね。

 

実際その後は、現代のアメリカの音楽シーンを代表するAlicia Keysが登場して、故郷でもあるニューヨーク賛歌のような「Empire State Of Mind」をエリザベス女王70周年パーティーで歌っちゃう。さすがに、サビに出てくる「ニューヨーク」っていう部分は「ロンドン」って歌っていましたが。だけどこういう演出もエンターテイメント大国だなって。誰も傷つけずに、みんなを笑顔にする術を知っている人たちだなと思いましたね。

 

さらにアメリカのソウルミュージック界の女王Diana Rossが登場して、日本でも愛されている「Ain’t No Mountain High Enough」を歌いました。ルーツを同じくする人たちがいるからだとは思いますが、改めてイギリスとアメリカの歴史にも思いを馳せるきっかけにもなりました。

 

そしてこういうイベントには欠かせない人ということで登場したのがElton Johnです。Elton Johnといえば、かつてエリザベス女王との確執が漏れ聞こえてきたダイアナ元妃と親交が深かったことで知られていますが、それを承知の上で、女王の70周年に彼が登場したのは、時の流れも感じさせるし「音楽というものはいろんなことを自由にするんだな、音楽ってこういう使い方するのが一番いいんだな」って思わせてくれましたね。

政治や経済が国の“大動脈”なら音楽は“毛細血管”

Elton Johnは「Your Song」を歌いました。イギリスはこういう曲を持っている、所有している。国のイメージを具体的に形成しているのは、政治の力だけでもないし、経済の力だけでもない。こういった大衆文化、ポップカルチャーが、大きく寄与します。

 

僕の持論ですが、政治や経済が国の“大動脈”だとすれば、大衆音楽は“毛細血管”のように、政治とか経済とかが行き届かない細かいところにまで入っていくことができる。それだけではもちろん国は成り立たないですし、音が国を変えることはないかもしれないが、やっぱり毛細血管が止まる、たとえば血栓があったら、しなやかな動きができない。

 

そういう意味でも、改めて国家のあり方を考えさせられる、そういう奥行きのあるコンサートでしたね。僕は現地に行ったわけではなく、映像で見ただけなんですが。今月の終わりに衛星放送で放映されるようなので、機会があれば見ていただきたいです。

エリザベス女王の“功罪”

エリザベス女王は日本でも大変人気の高い国王でしたが、彼女の人生を振り返ってみると、例えば、今なお続くイエメンの内戦の元々の理由のところに彼女がいて、決して世界中の全ての人から好ましく思われたっていうだけでもないと思うんです。中東やアフリカといった、かつて統治されていた人たちからすると、複雑な感情もあると思うんです。

 

だけど、そういった人たちが亡くなるときに、我々はどういう気持ちで、この喪の作業というのをやるのか。やはり功罪見極めて、歴史に名を残す人を見送るっていう意味で、これは今の日本の国葬騒ぎに対する皮肉も込めて言っていますが、改めて考えてみたい。音楽人の立場でお話させていただきました。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

2022.09.27
  • 暮らし
  • ラジオ

番組SNS

  • Radiko
  • Twitter
  • Instagram
番組
SNS
  • Radiko
  • Twitter
  • Instagram